詳細調査に関するご案内

詳細調査とは

「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」は、10万人のお子さまとそのご家族にご協力をいただいて実施しております。参加者数が多いため、患者さんの少ない病気や症状についても調べることができ、また多くの要因が複雑に関係している病気等についても詳しく調べることができます。このような大規模な調査を行うことは、健康と環境について研究するうえで大きな利点があります。

しかし、すべての参加者のみなさまにお願いしている質問票による調査では、医学的・専門的な観点からの情報を得ることが難しいという問題があります。けれども、お子さまの成長や発達の変化についての医師等の専門家による詳細な調査を全員に実施することは困難です。そのため、一部のお子さまについて、より詳しい調査「詳細調査」を行うことが当初から計画されていました。

詳細調査の目的

詳細調査の対象となるのは、全体調査にご参加いただいているお子さまで、2013年4月1日以降にお生まれになった方のうち、無作為に選ばれた5000人の方々です。それぞれの居住環境・生活環境についての訪問調査や、医学的検査および成長・発達についての専門家による検査等、全体調査では実施できない調査を行います。

こうした調査は一度だけではなく、お子さまの成長に合わせて、継続的に実施します。また、必要に応じて、全体調査でお母さまからご提供いただいた妊娠・出産期の生体試料中の化学物質等の測定も行います。詳細調査では、お子さまの生体試料も収集させていただき、その中に含まれる化学物質等を測定します。

詳細調査により、お子さまの成長や発達、また生活環境等について、専門的な観点から詳しく継続的に把握することができるようになります。詳細調査の結果が、全体調査から得られる成果の信頼性を高め、エコチル調査の成果をより有意義なものにすると考えています。

詳細調査は、エコチル調査の一部として実施されるものであり、全体調査と同様、環境省が企画し、国立環境研究所が中心となって、全国15地域の大学等に設置された研究拠点(ユニットセンター)と共同で実施します。

詳細調査の方法

詳細調査は、全体調査と同様に、お子さまが13歳になるまで継続して実施する計画です。お子さまが1歳半、3歳の時にご家庭にうかがい、居住環境や生活環境についての訪問調査をさせていただきます。訪問調査は、お子さまが6歳になった以降にも1 ~ 2回実施する計画です。

また、お子さまが2歳、4歳の時に各ユニットセンターで指定した施設等においでいただき、医学的検査(身体計測、医師による診察および身体所見観察、採血検査等)、および専門家の面談による精神神経発達検査を受けていただきます。同様の医学的検査および精神神経発達検査は、お子さまが6歳、8歳、10歳、12歳の時にも計画しています。

詳細調査でご協力いただく内容

①居住環境や生活環境についての訪問調査

お子さまが1歳半の時と3歳の時に、専門の調査員(原則2名)がご家庭にうかがい、居住環境や生活環境について調査をさせていただきます。お子さまの布団からのダストの採取、ご家庭の掃除機ダストの採取、温度・湿度測定、屋内と屋外の空気の採取、住宅環境・化学物質の使用状況の聞き取り調査および観察等を行います。また飛行場周辺や新幹線沿線等にお住まいのご家庭では、騒音の測定をさせていただくことがあります。3歳の時には、お子さまの尿を採取させていただき、化学物質の測定等を行います。

訪問調査では、1週間の間隔をおいて2回訪問させていただきます。所要時間は、測定機器等の設置を行う1回目は約1時間半、それらの回収を行う2回目は約40分です。掃除機ダストについては、最初の訪問時にダスト採取用パックをご家庭の掃除機に取り付けます。

1か月後に、そのパックをご自身で掃除機から取り外し、指定先までの返送をお願いします。サイクロン式の掃除機の場合は、ダストを、配布する専用のビニール袋に直接入れ、返送をお願いしま す。6歳以降にも、同様の調査を1 ~ 2回実施する計画です。

②医学的検査

お子さまが2歳の時と4歳の時に、健康状態や成長・発達の状態について調べます。身長・体重等の身体計測、脈拍数・呼吸数・血圧・体温等の測定、医師による診察および身体所見観察、血液検査等からなる医学的検査を受けていただきます。血液検査では最大で4mlの血液をお子さまから採取させていただきます。4歳の時は、上記に加えて、呼吸器の炎症の有無やその程度等、呼吸機能に関する検査も計画しています。

各ユニットセンターが指定する施設等においでいただき、検査をさせていただきます。所要時間は、約1時間半です。6歳以降については、4歳の時と同様の検査を実施する計画です。

③精神神経発達検査

お子さまが2歳の時と4歳の時に、専門家の面談による精神神経発達検査を受けていただきます。この調査のために訓練を受けた検査者が、全国で使われている検査法でお子さまの発達について調べます。
各ユニットセンターが指定する施設等においでいただき、検査をいたします。所要時間は約1時間です。②の医学的検査と合わせて同じ日に実施する場合と、別の日に実施する場合があります。同じ日に実施する場合には、②と合わせて約2時間かかります。6歳以降については、詳しい認知能力を調べる検査を実施する計画です。

これらの調査は、いずれも事前にご連絡をし、みなさまのご都合に合わせて日程をご相談させていただいたうえで実施します。

調査参加による利益

私たちは、エコチル調査がもたらす成果により、現在と次世代以降の子どもたちの健康に役立つ知識が得られ、様々な環境政策や保健政策等に生かされることを期待しています。詳細調査の研究成果は、学会、学術誌、インターネット上において、個人が特定されない形で公表し、社会全体に還元していく予定です。将来の子どもたちの環境と健康を守る研究の意義をご理解いただき、ぜひご協力をお願いいたします。

詳細調査にご参加いただいた場合、環境化学物質等の測定結果や医学的検査・発達検査の結果等は、「結果を知りたくない」とのご意思を表明された場合を除き、原則としてみなさまに郵送でお返しいたします。また、測定結果や検査結果について、お電話等で直接みなさまにご連絡をすることがあります。

調査参加により起こり得る不利益とその対策

身体的な不利益

採血等の際に痛みや内出血等が伴ったり、まれに合併症や事故(細菌感染、神経損傷等)が生じることがありますが、こうした合併症や事故が起こる可能性は非常に低く、また痛みや内出血等についても、そのほとんどは一時的なものです。非常にまれに、しびれ等の症状が残ることがありますが、エコチル調査で定めた規定に則り、エコチル調査コアセンターにて加入の傷害保険・賠償責任保険等で補償する、必要な治療を施す等、誠実に対応させていただきます。

情報に関する不利益

この調査では、お子さま個人の健康状態や成長・発達等に関する情報や試料、また生活環境に関する情報等をご提供いただきます。万が一、それらの情報等が漏洩した場合は、参加してくださったお子さまやご家族に何らかの不利益が生じる可能性があります。そのようなことが起きないように、個人情報や試料、データ等は、国が定めた基準にしたがって厳重に管理し、取扱いには細心の注意を払います。

調査協力の取りやめ

詳細調査への参加に同意していただいた後でも、途中でやめたい場合は、いつでも協力を取りやめることができます。
なお、詳細調査では「詳細調査でご協力いただく内容」でご説明している①~③のすべての調査にご協力いただく必要がありますので、一部の調査のみを中止し、残りの調査を継続することはできません。